30mのクリスマスツリーを見てきました

行く先々でイルミネーションを見る季節になりましたが、
早いところでは11月の初めには飾られていたクリスマスツリー🎄

今回は、大迫力なクリスマスツリーを見てきました。👀

神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬地区。

宮ヶ瀬ダムもあるこの地域では、
今年で34回目となる、クリスマスイルミネーションを開催してます。

今回のお目当ては、樹齢100年を超える高さ30mの生木のクリスマスツリー!

一万球の電飾と高さ2m、10㎏の星3つをてっぺんに載せたクリスマスツリーは、
子供の頃絵本で見たクリスマスツリーそのもの。☺️

ある程度の距離までなら徒歩でも近づけますが、もっと近くまで見るなら、ロードトレインに乗るのがいいです。

少しの間、風を凌げて温かいですし、
窓も開くので大迫力のクリスマスツリーを綺麗に写真に収めることができます。📸

ロードトレインの運行は、サンタさんが取り仕切っていました。

運転手もサンタさんで、車内ではクリスマスツリーについて解説もしてくれます。
(ここに書いてる情報もその時に聞いた話をもとに書いてますが、クリスマスツリーに夢中だったので間違っていたらごめんなさい💦)

右手に見えるちょっと小さいツリーは栃木から移植されたレインボーツリー。

何十年、何百年後に大きくなったツリーが並ぶのが楽しみです😀

水の郷大つり橋もイルミネーションを楽しめます。

会場全体合わせて61万球のイルミネーションは、主催者側の気合も感じます‼️

屋台やステージライブなど、その他のイベントも盛りだくさんで来年も楽しみです!😆